2011年12月30日

関西電力の稼働停止の訴訟準備への呼びかけ

関西電力の原発稼働停止を求める本訴訟
2012,1,1

2012年2月〜6月にかけて
南法律事務所〜全京都的な動きで
関西電力の原発稼働停止の本訴訟をはじめます
今世紀中の安全を見とうした闘いになります
2050年でもまだ福島の収束が出来ていない、、、。
関西電力で過酷事故を起こさないために、、。
ご指導くださいますように、お願いいたします。
つまり、14基の原発が、同時に過酷事故を起こす、
条件(原発の配管の損傷や全電源喪失・冷却機能麻痺、が生じた時)
が十分あるということです。14基のうち 1基でも失敗したら、福島の
再現です。今の関西電力には、事故発生時の、対応能力はないと考えられます。
過酷事故のシミュレーションが始まったばかりです。
福島の事故原因、事故の現場写真、現場の部材の強度、実態も分からず
シミュレーションは完成しないのではありませんか。人材も不足していると思います。
資材も、機能も無理です。自然落下方式の 水冷システムがないかぎり
冷却は不可能でしょう。つまり、原発の上に、巨大なプールが必要です。
34年ぶりに、許可を出そうとしているアメリカの新原発の設計図では
自然重力式の水冷方式を備えた仕組みだそうです。
核分裂の7パーセントの崩壊熱を冷やし続ける能力が要りますから、、、。
これに失敗すると。24時間程度で、メルトダウンする危険があるらしい
1日で、過酷事故はおこる、 地震、台風、テロ、無人偵察機の横行する
世界条件(トマホークの精度は 5000キロ頃飛んで、30mですから)
危険が伴う世界情勢です。
14基の原発を今廃炉作業を開始しても。880億円の14倍はかかります(廃炉費用)
その後の維持管理費用は無限大に近いのではありませんか?、事故を起こせばと云うより、地震や津波、台風・災害は必ず起こりますかr確率的には、核廃棄物はそうそうに、安全管理できる研究に着手する(現在の核燃料サイクルは不可能)ことです。
事故を起こす確率を低くすることに主眼をおくべきです。事故は起こらないのではなく必ず事故は起こるのでいかに対処するかです。日本では、津波は必ずやってくる。
台風は必ずやってくる.地震は必ずおこるものです。科学は安全に使うということです。東電や政府のように、『事故は起こらない』とうのでなく、対策費用の支出を惜しんで過酷事故を起こしたということは、関西電力も同じです。今関西で、内陸部の地震、日本海付近の地震・津波の想定した時、過酷事故は起こると考えます。
     2012年1月1日
原発ゼロプログラムの会  代表  大植 登
posted by ゼロプログラム at 23:38| Comment(0) | ゼロアクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

関西電力の原発稼働中止の仮処分提訴の呼びかけ

関西電力への原発稼働中止を求める仮処分提訴の訴えを起こしましょう
2011年12月23日

これは世のため ひいては 関西電力のKKのため
関連企業、
関西の市民 社会全般〜国民のため
福島の事故の終息は2050年まで続く
と考えられ、溶融した核燃料を処理・格納する
技術も経験も・研究も完成していないのですから
第2のフクシマを起こさないためにも
稼働停止、原発施設内の
核燃料 核廃棄物、放射能汚染物質などの
安全管理、処理さえできない状態を考える時
企業人として撮る方向は原発稼働停止は
必要であると考えます
自然エネルギー中心の会社としてすすむことが
会社のためであり、社会のためでもいあります
今年度の 決算や利益を追求するのでなく
2100年を見とうした、会社運営をすべきであります
事故対策、過酷事故予想するとき
原発の稼働停止は必須条件でありましょう
環境保護のため、でもあります、3,11以後の
東京電力の過酷事故と反省のなさ、失態続きは
企業の体質であり、司法の命令により、有るべき姿に
修正することが必要であります

南法律事務所の井関弁護士さんとの
話し合いを進めて やく1000人の
原告団を結成して
京都でも 提訴に入る方向を
提案いたします。
2011年12月23日

原発ゼロプログラムの会
代表 大植 登

2012年1月1日以降
原発ゼロプログラムの会は、会員登録制
役員体制 年間方針の決定
研究会、放射能測定のNPO作り 測定の継続作業部
関西電力への企業体質の訴訟
社会ヘアピール・行動
世界への発信事業などを行います
規約案を発表いたします(12月25日予定)
IMG_3673.JPG
posted by ゼロプログラム at 10:54| Comment(0) | ゼロアクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

2012年の予定

映画『バベルの塔』の御礼


お忙しい中、おいで頂きありがとうございまし

スピーディーは20分あれば、放射能の飛散予測を
刻一刻 発表することが出来るというのがわかりました。
(朝日新聞12月  日版)
今回は 不安を招くといって 予測を発表させませんでした
高濃度放射能降下地域と予測は 当たっていました。
未発表のため、多大な 人々が 放射能を浴びました
スピーディーを出していたら、防げた事故、被曝がありました
残念と云うより、犯罪です。法律で 発表しなくてはいけない
と云う義務や命令するというシステムを要請、国、都道府県、市町村段階と、各市民レベルの団体
への運動を展開しておかなくてはなりません。

2012年の測ろう隊の計画は
2012年1月15日(日)13時〜16時 大住方面 出発 教育会館  器具は堀場のRADI
      1月16日(月)9時〜12時 田辺方面 出発 教育会館
      1月18日(水)9時〜12時 三山木方面 出発 大植宅
      1月19日(木)9時〜井手町・宇治田原町 出発大植宅 帰着13時予定弁当持参
参加者募集中、記録係、運び屋、運転者など、お願いします。
協力者には 1時間当たり 100PEACE支払います。ボランティア券です。地域通貨とも言います
銀行もあります。最終的に 日本円に換算もできます。レートは未定です。

研究会 2012年1月17日(火) 朝9時〜12時00分 教育会館にて、ぜんざいが出ます
     @ スピーディのみかた(放射能飛散j予測)  白築
     A 簡易食品けんさ ウクライナ製      予定(長井)
     B ようど剤服用について           (予定)
     C 地質と放射能の関連研究        天白先生(予定)2月に変更のこともあります
     D 八幡市の測定結果分析           (交渉中) 
宇治田原町の宣伝に協力しました(サンフレッシュ前にて)。測定は Radiで行いました
IMG_7782.JPG
posted by ゼロプログラム at 23:45| Comment(0) | 学習会の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。